スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の上 1~3巻(完結) 感想

 C・NOVELSファンタジアから発売中の『夢の上』 1~3巻 の感想です。作者は多崎礼。名前は知りながら、なかなか手を出す機会がなく読まずじまいになっていた作者のひとりでしたが、ようやく手を出しました。先に読んだ同著の煌夜祭もとても私好みで面白かったため、今作にも期待を寄せて取り掛かりました。
 ついでなのでいちおう煌夜祭のストーリーも説明しておきますと、二人の語り部がそれぞれ把握している『魔物の物語』を交互に話し合っていく様を描いた短編連作です。あまり興味をそそられない粗筋ですが、いざ読んでみると意味深長で含みのある展開にすぐ引き込まれました。特に物語終盤の収束っぷりにはなかなかのカタルシスがあります。

 で、夢の上。ストーリー。夢を閉じ込めた水晶を売り歩く商人と、どこかの国の王様の二人で、水晶に閉じ込められた夢を眺めていく、という話。煌夜祭同様、一篇毎に完結したエピソードが書かれており、計6人の語り手たちによる中篇連作となっています。エピソード的には紅輝晶と闇輝晶が特にお気に入りです。紅輝晶では胸に秘めた暗い激情が明らかにされ、闇輝晶では前半全く登場しなかったキャラが実は舞台裏に存在していたことを描きます。同じ場面を違う視点から見るという多視点構造を取っているので、同じようなシーンを何度か読み直すことになり、新鮮味が薄れる部分もありますが、それぞれの視点に立つことで見えてくるものが変わってきて、そのおかげで新たに発見する点もあったため、だれを感じることはありませんでした。多視点構造を丁寧に生かした構成になっていたと思います。
 キャラについてはアライスが最後まで好きになれませんでした。決して悪い奴じゃないというか、むしろ不幸なキャラなんですが、いつまで経っても『自分勝手』というイメージが抜け切れず、いまいちすっきりしませんでした。アライス視点の物語をみても、ああやっぱりこいつはこういう行動原理で行動していたんだなあ、という以上のことを感じず、あまり株が上がらなかった。もちろん、父に認められたいっていう欲求はわからないでもないですが、人間的な魅力を感じさせる要因にはならず。まあ、他のキャラが言うとおり、自分のことを考えて行動できるが故に、他人の原動力になれた、ってことだったのかもしれません。最後の「貴方は今までずっと、夢の上を歩いてきたのですよ」という台詞があったおかげで、少しだけ肯定的になれましたかね。たくさんの下積があったからこそ、この台詞が映えていました。実際、最後の方になればなるほど、翠輝晶の話なんかは、かなりそっけない扱いになってますが、間違いなくあの人達の話は影にあったわけで、いわば脇役の話を疎かにしなかったことは評価したいところです。あれはほとんどの人達にとって、取るに足らないエピソードですが、アライスはその夢の上を歩いている、と結ぶんだ終わり方は印象的であり、感動的でした。

 総評。地味ながらも緻密に作り上げられたファンタジー小説。実に私の趣味と合致した作品でした。この作者の作品は今後も追い続けたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。