城平京 『名探偵に薔薇を』 感想

〇雑感
なんだかんだで城平京の著作は(未刊行の短編以外)ほとんど読んでいるが、今作はその存在を知りつつもなんとなく読まずにスルーし続け、唯一未読のままになっていた処女作品である。たぶん20年越しくらいで読んだ。

城平京が書いた作品の中では、『ヴァンパイア十字界』が一番好きなのだが、これもかなり面白かった。作中には折り紙が出てきていて『スパイラル』の小説版を思い出して懐かしくなったり、キワモノではない人間味ある名探偵が出てきてある意味捻くれていたり、それでいて城平京らしいトンデモロジックもあったりして、デビューした頃からこういう作風だったんだなあ、ということが伺えて感慨深い。

面白いのは、二部構成になっているのに、一部の時点で物語が完結しているように見えるところ。二部で何を書くのか不思議で仕方なかったが(探偵だけが同じで、配役を変えた全く別の事件を描くのか?と思っていた)、まさに一部がなければ起きなかった事件を描いていて、実にアンチミステリしている。どうにもならない結末の救われなさが凄い。一部はそれなりにまとまってはいたものの、まあ普通のミステリだな、くらいに思ってたため、なおさら衝撃的だった。「事件を解決した名探偵を呼び寄せることが次の事件の動機になっている」という論理構成はスパイラルっぽく、一部と二部で視点が異なるからこそできる小説ならではの展開だった。褒める人と否定する人に二分するのもよくわかる。

〇アマゾンへのリンク
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム