FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大武政夫 『ヒナまつり』 感想

〇雑感
アニメの第一話が凄く面白かったので、一気にまとめ買いした。名前は知っていたもののなんとなく手を出していなかったという典型的な作品で、今までどんな内容なのか全く知ることなく、無知のまま読めたのは幸運だったとしか言いようがない。こんなに面白い漫画を14冊もまとめ読みしてしまってよいのか、と罪悪感を覚えてしまうほどに面白かった。本編を読むと、アニメのOPとEDのシーンの意味がわかってきて実に笑える。

物語はインテリヤクザをやっている新田の下に、何の前触れもなく突如やってきたエスパー少女のヒナが、新田の公私両方の生活をかき回していくという任侠コメディ。どんな漫画かと言われれば、コメディとしか言いようがなく、シュールさや滑稽さを楽しむ漫画なので、面白くない人には面白くないのだと思うが、ツボにはまればめちゃくちゃ楽しめると思う。アニメを一話見てみて、面白いと思える人なら終始楽しめるだろう。

個人的に面白かったのは、非現実要素だったはずのヒナがどんどん日常に馴染んでいき、彼女自身の奇異さは薄れていって、むしろ周辺人物のクレイジーさがどんどん際立っていく、というような逆転現象を起こしていくところである。登場キャラは見渡す限りクズとダメ人間の見本市みたいな感じで、どいつもこいつもいい感じに狂っているが、その一方で普通の感性も備えているので、誰もがボケとツッコミのどちらにでも立ち回れるという配役がギャップとバランスを生み出していてまた面白い。どこかしらに地雷があって、そのスイッチが入るとおかしくなっていく、という話運びが実に巧みである。新田は基本聖人みたいな男だし、アンズはかなり常識人っぽいが、新田はツボキチかつアンズキチだし、アンズはアンズで特に悩むことなくホームレス生活を始めたり、やっぱりどこか頭がおかしいので、まともな人間は多分一人もいない。

面白かったエピソードはいっぱいあるというか、どれもが面白いが、あえて挙げるとすれば、ヒナが生徒会長に就任するためにヤクザの顧問弁護士に書かせた原稿ガン読みで演説する話とか、瞳が英会話のレッスンに行くはずのところを手違いでサバイバルな訓練に行ってしまう話とか、マオが超スピードで瞳に依存していく話とか、アンズとマオの首輪の爆弾を外すために皆で絶食する話とか、新田が財力を駆使して瞳にプレゼンで勝つ話とか、この辺りのエピソードが特にお気に入り。

〇アマゾンへのリンク(巻数が多いので、一巻だけ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。