FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城谷昌光 『天空の舟―小説・伊尹伝』 感想

〇雑感
中華最古の王朝・夏を倒した殷(商)王朝を開いた湯王を輔弼した伊尹の人生を書いた作品。初期の作品であることもあってか、ストーリー展開は起伏が小さく、中華の故事歴史を知る本として割り切ればいいのかもしれないが、太公望や孟嘗君を読んだ後だと淡泊すぎて物足りない。史料をまとめて小説にしましたという感が強く出ていて、オリジナリティは薄味。伊尹は作者の作品で古代の偉人として度々名を挙げられる人物なので、どのような人物であったのかを知れたのはよかったし、キャラクター自体は魅力的に描けているが、伏線のまとめ方や物語の収束させ方がいまいちで、悪く言えば流されるように終わってしまっている。特にバッキの描写は思わせぶりが多すぎて、結局彼女はなんだったんだ、という感じがするし、桀王の終わりについても中途半端に終わってしまい、ドラマの肉付けが足りていなかった。

〇アマゾンへのリンク
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。