スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝がまたくるから 感想




三つの短編漫画が入った短編集。一つ目は孤独に生きる殺人者に恋をした女性の話。「相手の人、苦しんでいるといいですね」という台詞を読んだ時はぞっとしたが、これが単なる悪意ではなく、己に対する弾劾の言葉だと気付いた時、物語の見方が180度反転する、という構成が素晴らしい。心底救いのない話で、始まりから終わりまで救いようもない話。柱絵のラフ絵にある「一人で死んでいく」という走り書きがもの悲しい。セックス描写が蛇足なので、カットされていればなおよかった。二つ目は女装にはまった中学生と駆け出しカメラマンの恋愛話。女装少年が、両親と対立する道を選ばず、話し合う選択をしたのが力強い。結末まで含まれば、この短編の中で最も救いのあるお話だろう。三つ目は虐待を受けている双子を誘拐した男の話。ほかの二作は短編としてまとまっていたが、これはちょっと尺不足に感じた。主人公との再会を見たかったのではなく、この双子がその後どんな風に生きてきたのか、そして生きて行くのかが見たかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。