FC2ブログ

恋は光 1巻 感想




他人の恋愛感情が光になって見えるという主人公と、その主人公に想いを寄せているはずなのに、主人公からは光っていないように見える女の子、そしてそんな主人公が好きになった「恋とは何か」を考え続けるちょっと変わった女の子、計三人の大学生がメインとなって織り成される青春恋愛物語。恋のきらめきは美しい――というロマンティックなお話なのかと思っていたら、かなり違った。

設定だけをみると三角関係的な展開に見えるが、やっていることはみんなで交換日記を回したり、なんであいつは光るんだろう(光らないんだろう)と考えたりするのがメインなので、今のところはあまりドロドロしていない。このまま、恋とはなんぞや、という部分だけを重点的に掘り下げていくと、あまり話が広がっていかないのでは、という気がしているが、どんな方向に舵切りしていくつもりなんだろう。

「でも万が一、私と西条さんがうまくいったら……どうなさるのですか?」
「そりゃー幸せになってくださいよ。私は別のオトコを探しますわ」


キャラクターとしてはなんといっても主人公に片思いをしている北代が可愛らしい。作品的には、表紙になっている東雲がメインヒロインに見えるし、主題が「恋」になるのなら主役は彼女なのだろうが、魅力的なのは北代の方。本気かどうかはとにかく、好きな人が幸せになれらばよいと言い切ってしまえるところがよい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム