FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリイ・シュシュのすべて

 リリイ・シュシュのすべてとは、2001年に公開された実写の映画作品です。映画監督・岩井俊二の作品で、今作は脚本も自身の手で手がけています。同名の小説もあり、設定は映画版と準じながら結末が異なる様子。今のところ未読ですが、機会があれば読んでみたいところです。

 展開的には救いのない話です。いじめの話がメイン。今となってはそこまで目新しくもないお話(こういう言い方をすると非常に虚しいですが……)でしょう。理解しあえる相手にめぐり合えず、現実世界で苦しむ少年少女たちの姿を繊細に描写している。ドビュッシーの月の光をはじめとした美しいBGMが、その雰囲気に拍車をかけています。

 あまり長々と感想を書くような話ではないと思いますので、短めにまとめます。

 最初は彼らのことを気持ち悪いと思ってました。少年少女の自意識の強さに眩暈がしたし、主人公の10代ならではともいえる青く生々しいモノローグはまったく受け入れられなかった。もしもモノローグが独白形式だったりして、ワープロ文書に起こされる(インターネットに投稿される文章)という体裁をとっていなかったら、途中で拒否反応が出てたかもしれない。エーテルがどうこういって真剣に語り合う姿は、中学生の青い妄想丸出しという感じで、もう私にはついていけない部分でした。

 この作品はいじめが残酷なまでに描写されます。特に中盤を除いた前半と後半部分はいじめのシーンが強いです。後半部分はとにかく、前半部分ではそのシーンに閉口しました。私はここまでひどい学校生活を送ってなかったし、共感できる部分がなかった。どうしてこうなってしまうのかと、嫌悪感すらありました。2001年当時の学生だった自分だったらまた違った感想だったかもしれないですが、今となっては受け入れにくい、より強くいえば受け入れることができない類のものでした。

 以上のように前半はあまり肯定的にみることができなかったのですが、少し観方が変わってきたのが、少年たちが沖縄に旅行しに行くあたりです。前半のいじめられているシーンからは程遠い、無邪気で年相応な姿をみることができます。少なくとも彼らにも幸せな時期があった、ということを描写する。ここで彼らが10代の少年なんだということを再認識する。当たり前ですが、彼らはまだまだ子供です。この作品は、その上で辛い現実があることを描き続けます。このやり方はかえって残酷なんですが、憎々しいことに演出としては非常に効果的で、視聴者にダメージを与えます。そのおかげで、後半部分を観ているときは、痛々しい気持ちとやるせない気持ちでいっぱいでした。序盤を見ていたときとは、まったく異なった気持ちで観ていたと思います。

 鑑賞し終わった後にはマイナスの感情が非常に強く残りました。彼らはまったく幸せにはなれなかった。何が悪かったのか。すべてが悪かったのか。これのどこがハッピーエンドだろう?しかし、同時に、ひどくノスタルジーに浸ったのも確かです。私の学生時代にもああいうときがあった。辛いときもあったし楽しいときもあった。でも今も生きている。だから、この作品の印象がマイナスなものかというと、案外そうでもありません。暗い話であり、救いようがない話ですが、記憶の中に眠っている何かを引き出された。それはあまり思い出したいものでもないですが、忘れてはいけないもののような気がします。その何かを思い出せてくれた。それだけでこの作品には意味があります。とても抽象的で、他人からは理解に苦しむことかと思いますが、私はそう感じました。

 少しわかりにくいかもしれないですが、以上です。あまり長い感想を書くような話ではないかと思います。視聴者が感じたものが全てでしょう。

 家族関係の破綻で全てを喪ってしまった少年。その暴走に巻き込まれた少年少女たち。「空飛びたい」と言い残して鉄塔から飛び降りた少女。最後に元親友をナイフで刺した主人公。それらの光景はどれもがグロテスクで、しかしどこか儚くて美しい。全てを肯定することはできず、全てを否定することもできない。BGMの演出の妙もあったでしょうが、まさしく10代を生きる少年たちの世界を描いた作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。