スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片道勇者 感想

 フリーゲーム『片道勇者』の感想です。開発はシルフェイドシリーズでおなじみのSilver Second。今回のジャンルはダンジョン探索型RPGで、風来のシレンやトルネコの大冒険、チョコボの不思議なダンジョンといったタイプと同じジャンルのいわゆるローグライクな作品です。ダンジョン探索型RPGのフリゲといえばらんだむダンジョンを思い浮かべる人もいるかと思いますが、らんダンは戦闘がエンカウント式のコマンド選択形式で戦闘が行われていたのに対し、片道勇者はマップ上にいる敵シンボルにそのまま行動をしかけるシームレス戦闘形式になっているため、片道勇者はより不思議なダンジョンシリーズのイメージと近いシステムになっています。らんダンが明確な目的なくひたすらダンジョンにもぐる作品だったのに対し、片道勇者にはゲームクリアの目標が用意されているところも二作で異なるポイントかと。

 ストーリーは現在進行で巨大な闇に飲み込まれつつある崩壊寸前の世界で勇者として登場したプレイヤーが世界を救うために旅へ出る、という至ってシンプルかつ王道な内容。ゲームの目的は魔王討伐であり、魔王を撃破することでいちおうゲームはクリアされるのですが、そのほかにも幾つかエンディングが用意されているため、一周クリアするだけでは今作を堪能することはできません。二周目からは強くてニューゲームも可能であり、基本的に周回プレイ推奨の作品となっています。登場するネームドキャラクターにはグラフィックや固有イベントが用意されていますが、主人公が無言キャラのためか、会話や掛け合いはやや少なめ。どちらかといえばゲーム性を売りにしている作品だと思いますので仕方ないことですが、やはり物足りなさを感じました。ゲームにキャラクター性を強く期待する人には肩透かしかもしれません。そういった意味では今時珍しいくらい硬派と言えます。仲間キャラは5~6人程度用意されている様子ですが、私は3人しか仲間に出来なかったので詳細不明です。

 ゲームシステムについて。今作の特徴を幾つか挙げていきます。まず一点が画面の自動スクロールです。不思議なダンジョンシリーズには階段がつきものですが、今作は広大な一続きの世界を旅するゲームであり、階層の概念は排除されています。その代わり用意されているのがマップの踏破率であり、常に世界を何キロ移動したかが表示されるシステムになっている。また、画面が1ターン(プレイヤーの行動)ごとに自動スクロールする仕組みになっており、随時画面左端が闇に飲み込まれ消滅していくため、強制的にマップが更新されていくという仕様も用意されています。世界観設定とシステムを見事に融合させたものであり、プレイヤーが敵との戦闘に巻き込まれてもたもたしていたり、欲を出してアイテム蒐集に走り画面スクロールから逃げ切れなくなったり、マップ上の障害物に阻まれてたりして闇に飲み込まれようものならそこでゲームオーバー。安全を求めるならどんどん右端に向かって行動していればまったく問題ないのですが、見てないマップがあれば埋めたくなってしまうのがマッパーの性であり、アイテムを見つければ拾いたくなるし、魔物を見つければ倒したくなるし、町を見つければ入りたくなるしで、ただ進んでいくだけでは満足できずについつい寄り道してしまうという実に絶妙なシステムになっています。またもう一つの特徴はゲーム攻略にあたり複数の職種が用意されているという点です。最初は3つのクラスのみ選択できる状態になっていますが、周回を重ねていくことで新たなクラスが開放されていきます。当然、それぞれのクラスにはそのクラスなりの特徴が用意されていますが、そこまで極端な個体差はないため、どのクラスにしても慎重な立ち回りをすれば無理なくクリアできる難易度になっています(難易度普通だったらですが)。一部不遇な扱いを受けているクラスもある気がしますがそこはご愛嬌、まあ愛があれば乗り切れるでしょう。そのほかには学園物語にも用意されていた自動アップデートをはじめ、それを利用した冒険マップの更新システム(今作では1日ごとに冒険できるワールドが変更されていきます。ワールドごとに少しずつ違う特性が用意されており、コレクター心を擽ります)、旅の途中で死んでしまった他の冒険者(=プレイヤー)からアイテムをもらえる、これまたネット接続を利用した霊魂システム(でいいんでしょうか)、レベルを消費することで自由にプレイヤーの能力を強化できる石版システム(これはプレイヤー救済機能っぽいので縛る人が多そうです)など、作品独自のシステムが多数用意されています。




 以下はプレイ後の雑感です。全職種で一通りクリアし終わり、勇者の最終難易度で最終エンドと思われるものを見たのでとりあえず満足しました。シリーズ恒例で今回もフォースは優遇気味なので、今作でも理術師はかなり強めのクラスだったかなと思います。祈りの杖拾ってからは好き勝手に無双できますし。ただ、ザコ戦は楽なかわりに隠しボス戦は結構シビアな闘いを強いられるし、また専用杖がないと行動を先読みしながらプレイする必要が出てくるため、若干落ち着きのあるプレイが求められるかもしれません。私のように通路を闇雲に走るまわるような人にはあまり向いていない。特にマップ踏破が2000キロを越えたあたりからは敵の攻撃を一撃食らうだけで瀕死になるため、覚醒が切れているとどれだけレベルを挙げてても油断すれば即死亡、みたいな展開もありえます。そこらへんはバランスが取れていたかなと。勇者はその職種名からしてなめプができるクラスなのかと思わせておいて、高難易度になればなるほど難しくなる仕様になっているのが面白い。高難易度だと前半魔王が出てきて操作ミスをすると炎一発で一撃死しますので全然笑えません。後半も操作をミスって側面攻撃を食らうとワンパンで即瀕死状態になるため気が抜けない緊張感のあるゲームプレイが楽しめました。

 仲間については王様・王女様・ネムリの3人のEDを見ましたが、それ以外の仲間にはそもそも会えていません。運が悪いのか何なのか、王女様はほとんどの世界で出てきましたが、他のキャラは登場すらしなかった。魔王も仲間になるっぽいのですが、条件がわからず諦めてしまいました。魔王の力を解放する部屋が関係していそうなんですが、3部屋分くらい開放しても何もなかったため断念。攻略サイトができるまで待つとします。

 攻略について私的なポイントを挙げておきます。まず攻略ポイントは倉庫を増築につぎ込みましょう。最初は特徴やクラス解放には使わず、どんどん倉庫につぎ込んでいくことをオススメします。特に特徴はとにかく、クラスの解放にポイントを使うことはあまりオススメしない。というのも、クラスはゲームプレイ中に特定の行動を取れば自動的に開放されていくからです。少し余裕ができてきたら何はともあれ荷物整理術を開放しておきたい。これを特徴欄につけておくと周回プレイが段違いで楽になります。あとは生存力・基本ステータスあたりを好みで挙げておけばそこそこ安心してプレイを楽しめるのではないかと。もしも石版を使うのであれば俊敏性と生命力を強化していけば間違いありません。筋力は装備で補えるし、フォースメインなら理術師の基本成長だけで十分まかなえます。装備品に関しては斧が圧倒的に強いです。上手いこと命中率増加のエンチャントがつけれれば怖いものなしなので積極的に狙ってみることをオススメします。ただし隠しボスは強力な弓がないとかなり辛いのでそこだけはご注意を。

 以下は実際にあればもっとよかったのにな・今後余裕があれば改善してほしいなという要望集。武具破壊仕様があるのならそれに対するメリットがあればよかったなあと(チョコボの不思議なダンジョンでいう羽システムみたいな)。ただ壊れるだけだともったいないが発動してなかなか使いづらい。FFでエリクサーが使えない人なら気持ちがわかるはず。攻略が進めば進むほど武器があまりがちになるので武具合成できるシステムはほしかった。マゼルンでも壷でもいいんですけど。武具の追加効果がランダム発生なのはいいんですがあまりにもチャントの偏りが激しかったような。特に剣の王の偏りはひどすぎる。密室部屋の中には多数の罠があってもよかったかなと。魔物には特殊効果持ちがもう少しいてもよかった。特殊効果が石投げ・倍速・炎だけっていうのは少し寂しかった。ということでプレイ中に感じたことを覚えている限り列挙しました。もちろんこれらはないものねだりですので、なくとも不満ってほどではありません。なにせこれはフリーゲームですので、これだけ楽しませてもらった時点で十分だといえます。


 いやしかし、それにしてもとても面白かったです。前から感じているのですが、ここはシェアゲームよりフリーゲームのほうが断トツで面白いと思います。限られたリソースで作られているからか、凝縮された面白みが詰まっている気がしてならない。まあ、お金を払ってないことで心理的な評価の敷居が低いのかもしれませんが……。冷静に見れば、シナリオ・ストーリー・キャラクターのボリュームはかなり薄いわけですし、ゲームに意味を求めるタイプの人にはあまり向いていないように思います。私の場合は元々風来のシレンのような黙々とゲーム性だけ楽しむ作品が好きな性分なので、そのことに対する不満がほとんど湧かなかったし、これで満足なのですが、そうではない人も多数いると思われます。そういう方は潔くほかの作品を探したほうがよいでしょう。

 ともあれ、純粋にゲーム性だけを楽しんで寝不足に陥ったのは久しぶりでした。一週間くらい4~5時間睡眠が続きました。朝起きたら目が充血していたなんていつ以来のことだったことか。ゲームに休憩挟まないで数時間ぶっつけでやり続けたのも久しぶりのことでした。それくらいはまったということです。一旦攻略はおいておくつもりですが、まだ完全にやりつくしたわけではないので、そのうち攻略サイトができてアップデートが落ち着いてきたら再プレイするつもりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。