スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 1巻~7.5巻 感想

七月隆文著『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』の感想です。ある時期を境に特にラノベ界隈で爆発的に増加した「タイトルがストーリー概要を説明しきっちゃってる」系の作品。この手の作品は何となく内容が薄っぺらそうな印象があって、仮に評判がよかったとしてもタイトルで作品避けしがちだったのですが、「面白いからタイトル避けしないで一度読んでみてほしい」という趣旨の感想をみかけ、それだったら一度読んでみるかと挑戦してみました。手をつけてみるまでは地雷である可能性を捨てきれず、8割方楽しめないことを覚悟していましたが、いざ読んでみればそんな懸念を吹き飛ばせるくらい面白い作品であり、予想以上の面白さについコミカライズ版も全巻そろえてしまうくらい、お気に入りの作品になってしまいました。

1巻のストーリーはまさにタイトルそのまま、若干ボケの入っている太ももフェチの鈍感主人公がごく普通の学園生活を送っていたところ、ある日いきなり襲来してきた黒服に拉致られて地図に載っていないお嬢様学校に連行されてしまい、学園唯一の庶民として箱入りお嬢様達に現実社会の空気を伝える役目を与えられる、というような内容。常識で捉えると設定だけで頭が痛くなってきますので、そこはさらっと流してしまうのが吉。「それって犯罪じゃね?」とか深く真面目に考えてはいけません。

一般庶民が上流階級の社会に足を踏み込んでいくという展開はハヤテのごとく!と多少似ていますが、庶民サンプルもあれのように主人公の意思をシカトしてなし崩し的に物語がスタートしていきます。客観的に見るとあまり気分のいい展開とは言えませんが、この主人公がまたいい感じにふてぶてしいというか、物語の主人公らしく細かいことを気にしない鈍感属性であることに加えて、学園のお嬢様たちは現実社会ではありえないくらいの善人ばかりであることもあり、すぐに学園生活に馴染んでいってしまうので、あまり嫌な気分にならずに済みます。

今作は現在7.5巻まで発売されていますが、シリーズ全体のコンセプトは「鈍感主人公が世間から隔離されているお嬢様達と庶民文化を通じて交流を重ねて仲を深めていく」という王道のハーレム展開であり、1巻から最新刊までその方向性にブレはありません。主人公鈍感系のテンプレ作品といったらそれまでかもしれませんが、物語の空気と流れに逆らわず身を任せることが出来れば脳みそを空っぽにして楽しむことができます(褒めてます)。はがないや俺修羅といった作品と同様に、主に掛け合いを楽しむタイプの作品ですが、かなりストーリーのテンポもよく、設定を出し惜しみせず投下し、サクサク進んでいくのもよきところの一つ。また過激なエロ方向には流れてはいかず、微エロで留まっているのは実際奥ゆかしくて◎。UFOキャッチャーのくだりとか、社交ダンスのくだりとか、くだらなすぎて最高によい。このテキストでニヤニヤさせられる感じは、学生時代によく読んでいた二次創作のハーレム系SS(「」の前にキャラ名が書いてあったり、キャラの台詞ごとにフォントが違ったりする)と雰囲気がよく似ています。どのキャラにも均等に会話イベントが設けられていたり、主人公にベタぼれだったり、そういうところが非常にそっくり。私はいま、あれのオリジナルキャラ版を楽しんでいるのだなと気付いたら、なんだかとても腑に落ちました。

メインヒロインは、①嘘や隠し事の出来ないぼっち系ツンピュアお嬢様、②クラスでの人望豊かなおっとり系ですわ口調のお嬢様、③学園一の天才で何かにひらめくと服を抜き出す無口系ロリお嬢様、④男が苦手でいつも帯刀している格ゲーキャラっぽい可愛いもの好きのお嬢様、⑤主人公に何かと絡んでくる声優の幼馴染、⑥学園での主人公の世話役であるクーデレ系メイドの計6人。どのキャラも可愛いですが、頭一つ飛びぬけているのは③の白亜ですかね。私ロリコンじゃないですけど、ぬいぐるみに主人公の名前をつけたり、なぞなぞに答えられずちょっと拗ねたりする姿などは大変いじらしく、上手くツボを押さえています。あとはラボ訪問のエピソードとピクニックに行こうとするエピソードが印象的。



テキストが1センテンスごとに改行されているため、正直なところ読み応えという点では物足りない部分があります。ぱらぱらとめくってみても紙面がスカスカで、1冊あたり1時間弱で読み終わってしまうことを思うとコスパは悪め。ですが、エンタメ性については十分に備わっており、特に気分転換をするには最適な作品でした。ストーリーの独創性はあまりなく、キャラクターの記号性も強めなので、受け付けない人は受け付けないと思いますが、オタク文化に理解があってそれなりに寛容であれば楽しめるかと。私はこの作品を読んで疲れた心が癒されたので、十分元が取れたと思いましたが、適度に満たされている人にとっては地雷になる危険性も高いです。そこは否定しきれないので、自分の環境と精神状態を考慮して読まれることをオススメします。あとはコミカライズ版もたいへん素晴らしい出来ですので、合うかどうか不安な方は試しにそちらから手を出してみるのもありかと。
スポンサーサイト
プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。