FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言の葉の庭 感想

 新海誠監督の最新作 言の葉の庭の感想です。以降の文章は表題作を視聴済みの方向けに書かれた内容となります。上映されたたばかりの作品ですので、未視聴の方はご注意を。あと、新海誠監督の既作品のネタバレも含まれていますので、合わせてご注意をお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

セブンスコート 感想

 ノベルゲーム セブンスコートの感想です。製作はNovectacle。2013年エイプリルフール企画の一環として配布されたフリーゲームです。読者を楽しませるためのエンターテイメント作品なのかと思いきや、予想以上にボリュームがあり、その上しっかりとしたテーマ性も組み込まれていたという驚きの一品。

 内容紹介。まずはゲームが配布されているHPにひととおり目を通してみるのがよろしいかと思います。ファタモルガーナの館を既プレイであれば、どこかで見たようなハンドルネームのキャラが騒ぎ立てているのを見てニヤリとできるでしょうし、未プレイであればよく見る掲示板の一風景だと思われるのではないでしょうか。

 本編のストーリーは、リンクを張ったHP―ロワイヨムヘブンの常連だった奴らが、セブンスコートというゲームをダウンロードしてプレイしようとしたところ、ゲーム内世界に引きずりこまれ、誰かが用意したゲーム内ストーリーに付き合わされることになり、否応なくゲーム攻略を目指すことになる、というものになっています。このセブンスコートという作品は、このHPの管理人であるDark†Knight()が作成し配布されたゲーム、という立ち位置にあるため、HPで書かれていることはどれも重要な作外設定であり、ゲーム内要素の一つを兼ねています。ですので、実はこのHPも作品の延長線上にあり、HPを読まずに今作をプレイすると、作品の魅力が大幅に損なわれてしまう可能性があります。いわば作中作ならぬ作外作。このHPはセブンスコートの一部であり、一体不可分なものであることから、作品プレイ前にはぜひ一読されることをオススメします。

 以下ネタバレ。原作者によるファンフィクションかと思いきや、スターシステムを使った巧妙なミスリード狙いのシナリオであったことには驚かされました。頭からファタモルガーナの館と同じ設定が流用されていると思い込んでいた私は、すっかり騙されてしまいました。ミシェルは売れない同人ゲークリエイターになり、ネリーはいじめられっ子で引きこもりの空想癖持ちになり、メルは存在自体なかったことになり、ヤコポは資産家設定が消えてただの自尊心こじらせ系の引きこもりになり、マリーアはファタモルのミシェル同様のトランスセクシャルになり、獣の男は真性の殺人鬼になり、ポーリーンはやっぱり犠牲になり……。同じイラスト、同じ素材を使われているからこそ使用可能なトリックであり、製作者の着眼点は実に素晴らしい。

 WEB上のHPと作品そのものに密接な関連性を持たせたゲームはとても珍しく(というかやったことがない)、メタフィクションとしての発想そのものもさることながら、私が何故この作品から強い衝撃を受けたかというと、私はこのBBSにある情報だけでは、この作品の結末を読み取ることが出来なかったから、です。多くの人がそうであると思いますが、私はHPで書かれていた内容を、ネタだろうと思い込み、深く捉えずにさっと流してしまいました。何故ミシェルのレスが途中から滞るようになったのか、何故最後のアップデートはフェアリーハウスだったのか、その背景にある想いなど想像もせずに。

 ということは、私は現実に、WEB上の情報からは本質的なものを何も受け取れていないかもしれない、かもしれないのです。表面上の情報を捉えただけで満足しているんじゃないか、と製作者から直接問いかけられた気がして、ひやっとしました。当然のことですが、製作者には製作者の生活があり、今更といえば今更のことで、これは普段からきちんと認識しておかなければならないことですが、つい忘れがちなことであり、ただ自戒するばかりです。



 
 巧みに仕込まれた伏線と意欲的なテーマが高いレベルで混ざり合ったフリゲとは思えない作品。今作単品でも十分楽しめるような構造にはなっていますが、やはりどちらかといえば、ファタモルガーナの館をプレイしている人向けに作られた作品です。ファタモルガーナの館をクリアしてからの方がよりいっそう物語にのめり込める(思惑どおりに騙されることができる)と思いますので、お時間のある方はぜひファタモルガーナの館からやりましょう。

 あとこれは私見ですが、ファタモルガーナの館をやった時にも思いましたが、製作者は人と人が分かり合う/通じ合う瞬間の幸福を描くのが本当に上手だと思います。今作で描写し直されたミシェルとジゼルの関係は、傍目から見ていても、心底羨ましいと感じるものでした。

ファタモルガーナの館 感想

 ノベルゲーム ファタモルガーナの館の感想です。製作はNovectacle。

 今作はどちらかといえば余計な事前知識なしで読んだほうが面白い作品であり、ネタバレすると少なからず面白さを欠いてしまうタイプの作品だと思いますので、面白いならとりあえずやってみようと思った方は、以下の拙文を読まずにまずはやってみて頂ければと思います。私もそうでしたが、「なんか評価高いな、ちょっとやってみるか」くらいの心持でプレイするのが一番理想的でしょう。

 とは言うものの、これだけたくさんの作品が氾濫している昨今、ただ「面白いから読んでみて」と勧められただけではなかなか興味を引けるものではないと思うので、この作品を読むにあたって向いていそうな人を挙げつつ、ざっくりとした内容を紹介してみます。というわけで、以下の文章には本編のネタバレを多分に含みます。重大なネタバレ部分は反転させてますが、一読される際にはご注意を。いちおう、後半までは可能な限り重いネタバレが含まれないように注意したつもりです。

続きを読む

サモンナイト5 感想

 PSPソフト サモンナイト5の感想です。ジャンルは言うまでもなくファンタジックシュミレーションRPG。1ファンとして、待ちに待ったナンバリングタイトルの最新作となります。3の感想を書いた時に『サモンナイトはどういった作品シリーズなのか』ということは書いたので、気になる人はそちらをどうぞ。

 ストーリー。召喚士の主人公が冥土召喚術と呼ばれる外法を巡る騒乱に巻き込まれていく話。やっているうちになんとなく察しましたが、舞台は3の名も無き島です。今回も男女の性別を選択可能。困ってる人を見たら見捨てられない、誰かから頼られたらそれに応えずにはいられない、という絵に描いたような善人タイプですね。3の主人公と似た性質を持っており、キャラデザが多少似ているのは意識的にそうしたものと思われます。3の主人公については、登場することは知っていましたが、非常においしいところを持っていきましたね。シナリオ的にはこれまでの過去を否定する展開になっていました。1~4までに使われていた召喚術は、服従召喚という名称で悪しき忌むべきものとして扱われており、響命召喚と呼ばれる新しい召喚術がスタンダードとして取り扱われています。その中で出てくる冥土召喚術は、服従召喚の流れを汲むものであり、やはり忌まわしいものとして取り扱われています。


 続いてシステムについてですが、幾つかあるので思いついたものを箇条書きにしてみました。まずはPSPに移植された3・4のシステムとの相違点を挙げてみます。
・上記しましたが、世界観が変わったことで、サモナイト石を使った従来の誓約召還ができなくなりました。これが従来シリーズと比べて一番大きく変わったところでしょう。このシステムはゲーム世界観と深く結びついており、5の世界では無制限に召還獣を呼び出すことができなくなっているので、これまでのように装備品を触媒にして召還獣を呼び出す楽しみがなくなりました。実際、4では誓約召還に対して否定的な捉え方をしていたので、物語が次のステップに進んだ結果だと言えなくはないのですが……。
・これまでレベルは戦闘終了後にだけ上げられる仕様でしたが、今作では戦闘終了後のレベルアップイベントは発生しなくなり、メニューで随時レベル上げできるように変更されています。そのかわりに、PSP版3・4では敵を倒したキャラのみがスキルポイントを得られる仕様だったのが、今作ではEXPがスキル取得とレベルアップで共通管理となり、かつEXPは戦闘に参加しているキャラ以外は取得できないという仕様になりました。つまり、これまで経験地はパイを分け合うシステムだったが、個別に振り分けられる形になっています。ついでに、レベルアップ後のボーナスパラメータは好き勝手に振り分けることが出来なくなり、一つの項目に対して制限が加えられました。それに伴い、プレイヤー側の育成の自由度は下がり、一つの能力に対する特化型が作れなくなりました。俺TUEEEEがし難いよう、火力が下方修正されています。個人的には、戦闘に参加しなければ経験値が得られなくなったのはマイナスでしたね。確かに控えのレベルを上げるため戦闘行為を起こすのは面倒くさかったんですが、いつでもレベルを上げられる代わりに、戦闘に参加しなければレベルを上げられないというのはちょっと……。スキルに関しても、パラメータを上昇してキャラメイクできなくなったのはキャラ独自のカラーが作りにくくなっていて微妙。できればこれも削らないでほしかったのですが……。
・フリーマップがなくなり、代わりにミッションをこなすことで金やEXPを入手できるようになりました。また、PSP版3・4同様、ブレイブ条件は難度でも再挑戦が出来るようになっています。
・ブレイブは戦闘外で使うメダルと戦闘中に使うポイントで住み分けがされ、それぞれ独立したシステムになりました。二つの差別化が図られたことで何が起こったかというと、低レベルクリアへの魅力とメリットが相対的に下がりました。一応、ブレイブポイントがなくなれば全滅する、というルールが追加され、低レベルで高レベルの敵を倒せばブレイブポイントが増えて逆は減るため、低レベルのキャラを用意する意味もあるのですが、増減はどちらの場合も微少であり、ブレイブポイントはブレイブ条件を満たせば毎回加算され、ポイントを溜めてもプールされるわけではないので、あまり積極的に稼ぐ必要がありません。レベルを上げることに対するデメリットとレベルを上げないメリットが小さすぎるように感じました。というか、今回は敵がそこそこタフで、パラメータのボーナス割り振りに制限があるためAT・MT極振りキャラが作れないこともあり、低レベルでラスボスをクリアするのはかなり厳しい気がします。
・ブレイブポイントを使うことで、戦闘中の交代ができるようになりましたが、その代わり、出撃ユニットが毎回5体で固定になりました。この変更のおかげでどちらかといえば戦略性は下がりましたし、戦闘スケールも小さくなりました。その割に敵は無限湧きするマップが非常に多いので、何か理不尽なものを感じます。
・武器が改造制になり、武器防具ともに購入できなくなりました。特定のキャラは武器を二つ持てるのですが、これは一部だけ優遇しすぎな気がします。また、一部の間接武器の射程が調整されたため、飛び道具に対する優位性が薄れました。反撃を受けないのはいいんですが、5では最初から4歩動けるので、あまり戦略的な運用は出来なくなりました。
・MPは200ポイントという上限が定められていて、スタートは50で固定されています(スキル次第で少し増えますが)。また、被・与ダメージ等特定条件で回復するようになり、ガス欠になりにくくなりました。おそらく召還術に対するアドバンテージを上げるための調整だったのだと思いますが、おかげでヌルゲー化した印象があります。確かにこれまでMPが切れた召還士は役立たずになることが多かったわけで、これを上手く使えば延々とMP補給ができますが、そもそも今回は通常魔法にMPを要しないので、ここまでしなくても十分だったのではないかと。むしろ、楽に回復できるようになったことで、後半まで温存しておいてどのタイミングで使うのか考える、みたいな要素がなくなってしまい、物足りなく感じます。
・3Dに関しては、予想よりも頭身高めだったので一安心でした。顔でかタイプじゃなくてほっと一息。それでもあのレベルの3Dなら2Dのままでも全然よかったのではと思いました(必殺技すら演出がアレで悲しくなりました)が、結局3Dにするのは制作費的な側面が一番でかいんだろう、と諦めました。もはや3D技術が確立されている昨今では、2Dの方が金がかかるのではないかと睨んでます。



 ということで、システムの変更点を書きましたが、これらはどちらかといえばスケールの拡大というより、ゲーム規模の縮小を感じさせるものが多かったです。私にとっては、コンシューマ業界の衰退を感じさせる作品でした。世界観レベルで色々改変されてますが、結局のところシステムに関しては、資金面的な都合で削らざるを得なかったのではないかと確信しています。せめて狂界戦争についてもう少しつっこまれるとか、設定集なり辞書なり用意して補足されていたならまだよかったのですが、一切語られないのはあまりにも物足りない。続編のために出し惜しみしているのか、そもそも深く練りこんでいないのか、事実はわかりませんが、説明不足なのは否めません。このシステムでやるためにこの世界観にした、という製作者側の事情だけが見透けてきました。また、中盤付近になるとイベントが減り始め、露骨な息切れ感がして悲しくなりましたし、そもそも選択肢すらないというのはかなり驚きました。これまで恒例だった主人公のタイプすら決められないとは……。ストーリーは一本道で分岐がない上、使えるキャラクターもこれまでの半分程度、召喚獣の数も大幅に減少、となればそりゃあ物足りなくもなります。たぶん、あまり要素を増やしすぎると、バランス調整しきれなかったということでしょう。ミニゲームも釣りしかありませんし、パッケージとしてみると、盛り込まれているものが少なすぎます。

 まとめると、ゲーム単品としては普通、シリーズ続編として比較評価してしまうと物足りない、という感じ。あくまで物足りないであり、つまらないということではないので、残念ながらS・RPGの決定版!とはなりませんでしたが、そこそこなレベルでまとまっている作品ではありますので、新規にこの作品をやった人は違和感なく楽しめるのではないでしょうか。

葉露 感想

18禁同人ゲーム 葉露の感想です。今回は色々と品のない文章が含まれた内容であり、こういうのが嫌な人もいると思うので、念のため本文を隠しておきます。ある程度そういうものに耐性があり、そこまで潔癖ではないよという方は続きを読むからどうぞ。あ、それなりにシステム的な考察も含まれているので、自分でゲームシステムを把握していくのが好きな方と、あとついでに未成年の方もご遠慮ください。

続きを読む

プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。