スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーンコールド 魔術師スカンクシリーズ 1巻 感想

 星海社FICTIONSから発売中のストーンコールド 魔術師スカンクシリーズ 1巻の感想です。著者は江波光則。ペイルライダーから約1年、待望の新作となります。これまでがそうだったので、今作にも鬱々とした重苦しさと救いのない破滅的なストーリーを期待していました。読み終わってみれば、暗い設定なのは間違いないながらも、これまでよりも増してセックスアンドバイオレンスな内容であり、思ったより閉塞感はあまり感じられず、予想以上に(屈折した)爽快感が得られました。

 ストーリー。会社代表である父親の金を糧にして好き放題な学校生活を送っていた主人公・雪路は、父の逮捕を契機にスクールカーストの底辺に落ちてしまう。イジメは次第にエスカレートし、雪路は自分たちの正義に酔いしれるクラスメイトたちに集団で襲われ、左目をガスガンで撃たれ潰されてしまいます。視力の回復は絶望的と診断された雪路は、対価も無しに「奪われた」ことが許せず、自分をいじめたクラスメイトたちへの報復を誓い、死に掛けの警官から譲ってもらった銃を使って彼らを排除する計画を立てていきます。
 
 雪路は元々大金を扱える立場にあったからこそコストと対価に拘ります。つまり、何の見返りもなく自分の左目が奪われたことが許せなかった、というわけです。一切の報酬をもらっていないのに、そんなのは理不尽だ、と。いちおう「鬱憤晴らしと社会正義を気取りたいから、この額で虐められてくれないか」と持ちかけられれば少しは考えた、等と独白しています。どこまで本気かわかりませんが、彼はイジめられ役を全うできたらお金を払う、なんて話をクラスメイトに持ちかけるような異常な人間ですので、多少は検討の余地があった様子。

 雪路が失ったのは左目の眼球。いじめられっ子たちが失ったのは命。結果的に利息まできっちり回収したのは天晴れと言えます。まあ冷静に考ると「それはやりすぎ」と思うのが普通の感覚でしょうが、しかし当事者だったらどうでしょう。少なくとも、私は「やられたことをやり返せば十分」という考え方では納得できなかったであろう雪路の気持ちが多少わかるし、「やられた以上のことをやり返さないと許せない」という考えについてもまた同様です。眼球を奪われたといいう事実は、略奪者がやりたかったからやったわけで、奪われた立場から同じように奪うだけでは感情が納得しないでしょう。奪いたいから奪うのではない、奪われたから奪い返す。だからもちろん利子も払ってもらう。私からすれば、それなりに納得のいく感覚です。だから私は雪路がクラスメイト全てを銃殺してもあまり引きませんでした。因果応報なんじゃないかと思えたからです。むしろ、自分では出来ないだろうその行為を、なりふり構わず実行した姿勢に爽快感を覚えた。これは自分の昏い願望から生まれているので、当然褒められた感覚ではないのですが、理不尽な攻撃に対し、耐えることを選ばず、反撃を選んだ雪路に賛同したい気持ちが間違いなく存在します。というか、私からすると、お金をもらって他人をいじめ、その報酬を受け取ったのにも関わらず、ただ雪路の異常性をなじるクラスメイトの方が気持ち悪い。空気とみんなに流されてしまうのは、ある程度仕方ないと思います。他人の暴力や脅迫に屈してしまうのも、また仕方ないと思えます。私も小心者ですからその気持ちはわかります。誰だって自分が痛いのは嫌だし、迫害されたくないはずですから、その心の弱さまでは責められない。でも、お金の誘惑に屈するかどうかは、完全に個人の気持ちの問題です。クラスメイトたちはその誘惑に負けただけ。なのに、雪路がおかしい、ただお前が間違っている、というような考え方で雪路を攻撃するのは、それこそ間違っているのではないか、と。


 そんなわけで、今作のテーマもイジメとスクールカーストでしたが、今回はそこに加えて金と貸し借りの関係を組み込んできました。読んでてぞっとしたのは、雪路へのイジメの描写がかなり省かれており、雪路の現実と思考が乖離していたところです。ナチュラルに雪路がどういう境遇にあるのかカットされています。ところどころの描写から、雪路が陰湿ないじめを受けていることはわかるのですが、まるでダイジェストのように他人事に描かれ、詳細が描かれない。距離感を作るため意図的にそうしたのか、それとも単にボリュームの問題で省いたのかはわかりませんが、わざわざわ書くまでもないだろう、という冷淡さが感じられて薄ら寒くなりました。

 気に入ったシーンは、社会的にはただの犯罪者である父親が、刑期が終わって出所した10年後なら雪路のことを守ってやると言ったところ(そして雪路はその言葉を信じ、心のよりどころにしているところ)、いじめを終息させるための対価として100万を支払ってしまうところ(たぶん私には出来ません……)、逃がし屋に、真波のことを愛していると臆面なく言うところ(歪んだ関係だと思いますが、歪んだ愛情って好きなので)、この3つですね。冷め切っているように見える雪路ですが、父親だけには信頼を寄せていたこと、暴力に対して何も感じないわけではないこと、途中からは真波を必要としていたことから、描写されないだけで年相応に子供らしいところもあったのではないか、と感じられて印象に残りました。

 ちなみに、今回特に見所だったと思うのは、主人公とヒロインの間に(どんな形であれ)愛情が存在したこと、だと思います。世間一般で語られる純愛ではないのですが、間違いなく主人公とヒロインはお互いを求め合っていました。まあ、その主人公とヒロインの関係が、処女を中古車程度の値段で買った男と売った女という関係であるところが、また「らしい」のですが。


 これまでの著者の路線を踏襲しつつも、少し幅を広げた印象を受けた作品でした。今作は魔術師スカンクシリーズとして続編が刊行予定であり、2013年中にスーサイドクラッチとバンディッツの2冊が出るそうですが、この作者は短期間でそんなにたくさんの小説が書けるのだろうか、いやむしろ書かせていいのだろうか、と不安になります。もう少し長いスパンで出しても全然いいんですが……。あまり無理はしてほしくないものです。
スポンサーサイト
プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。