スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王物語物語

 魔王物語物語はフリーのRPGです。例によってRPGツクールで製作されておりますが、今作についてはランタイムパッケージは不要。かなり意図的に説明を省いているゲームなので、全て説明されることを好むプレイヤーにはあまりオススメできないですが、語られない部分を自分で補完していくのが好きなタイプには非常にオススメしたい作品です。


 HPでは(これまた意図的にそうしていると思われますが)あまり作品内容の説明がされていないので、まずは今作の内容を紹介します。


 公式サイトに書かれているとおり、ジャンルはオーソドックスなRPGです。ボスを倒したりダンジョンを探索したり、つくりはいたってシンプル。ただ、導入されているシステムはなかなか独特で、戦闘システムはオリジナリティがあります。

 まず敵とのエンカウントからして変わっています。エンカウント方式はシンボルエンカウントですが、敵との接触には角度が設定されます。これだけだとすべての戦闘は1対1となりますが、接触後の数秒間は継続して敵とエンカウントすることが可能であるため(以下これを接触状態とします)、うまくエンカウントしないと複数の敵との戦いを強いられます。また、敵によっては接触状態だとすごい勢いでプレイヤーに接近してくるので、なかなか思うようにいかないことが多いです。特に序盤、主人公が弱いときには、複数敵との戦闘はイコール敗北を意味するので、敵が多数いるところでの戦闘は注意が必要になってくる。逆に後半場面、主人公がそこそこ育ってきたあとでは、調子に乗ってたくさんの敵とエンカウントしてあっさり敗北、ということがかなり頻繁に起こりました。もちろん意図しない接触で囲まれタコ殴り、という展開もしばしば。何度も繰り返していくうちにストレスが溜まる一方で、何度ゲームオーバーになっても再プレイしてしまう不思議な魅力がありました。もちろん、何度も積まされたところを突破したときの達成感や爽快感もすばらしいものがあります。魔王物語物語では、そのあたりのやり取りがプレイ上の醍醐味となっています。

 戦闘の内容自体は多くのRPG同様コマンド選択式なので、そこまで変わり映えはしないですね。少し変わっているのは、多くの特殊技には使用条件が定まっていて、HPがMAXの万全な状態だと発動できない、というところでしょうか。このゲームは攻撃範囲という概念があり、多くのスキルは広大な範囲に強力な攻撃ができたりするので、スキルが使えるか使えないかによって難易度は激変します(特に序盤)。はっきりいってスキルが使えない状態はかなりきついです。きちんと装備を整えていてもわりと簡単に死にます。それならば常にHPを減らしておけばいいという考えになるかと思いますが、今作にはフィールド移動中にHPが部分回復するというシステムが採用されており、なかなかプレイヤーの思い通りにはいきません。戦闘終了後はスキルが利用できたのに、いざ次の戦闘が始まるとスキルが利用できなくなっている、という状況に追いやられてしまいます。新しいマップに移動→移動中にHP回復→スキル使用不可→全滅、という流れは何度体験したかわかりません。本来RPGではあってうれしいはずの機能がまんまと足かせとなっており、半ば嫌がらせのようになっているゲームバランスは見事の一言。おかげで装備の付け外しによるHP調整は必須作業になってきます。この作業がまたかなり面倒くさいので、うっかりやり忘れて戦闘突入→全滅となること間違いなし。当然、これも何度も繰り返すといらいらしますが、そのうち慣れてくると装備の付け外し忘れ・HPの調整し忘れは自分のミスだと感じられるようになってくるから不思議です(私だけかもしれません)。

 難易度についてですが、今作は難易度設定ができないので、デフォルトの難易度のままプレイすることになります。どれくらい難しく感じるかはもちろん人それぞれですが、どちらかといえば今作の難易度はなかなか高めだと思います。最近のゲームは難易度設定がついており、イージーでプレイしていればゲームオーバーになること自体珍しいですし、RPGでここまで頻繁に全滅を体験したのはかなり久しぶりでした。もちろん、絶対にクリアできない!と思えるほどの難易度ではなく、きちんとレベルを上げて装備品の熟練度をあげてスキルを覚えながら堅実に進めていけばまずクリアできるレベルの難しさなんですが、なにせ序盤は一体の敵を倒すのすら一苦労で、運が悪ければ(自分のプレイが悪くなくても)負けてしまいますので、すぐに心折れる人もいるのではないでしょうか(実際私も理不尽さに1回頓挫しました)。当然、ゲームを進めていっても死ぬときはあっさり死にますし、その辺は非常にシビア。セーブをまめにしない人には鬼門なのではないかと思われます。

 また、縛りプレイをする場合にもがらっと話が変わってきます。今作の場合は何かを縛ると格段に難易度が上がってくる。たとえば私が思いつくものでは、セーブ/ロードなし・装備変更なし・アイテム使用なし・死亡回数ゼロ(これは縛りとは違いますが)といった縛りプレイがありますが、これらの縛りをいれてゲームをクリアするのは困難きわまることが予想されます。少なくとも私は試そうとも思いません。


 以上が大まかなシステム周りの説明と感想です。下記からは作品の感想となります。ネタバレが含まれますので、未プレイの方はご注意ください。

 まずは主要な登場キャラの感想。
 ヒマリ。RPGには比較的珍しめな女性主人公です。初めはずっと中性的な男の子だと思っていました。ナナとのやり取りが切ないなあと思っていた私。お姫様とのロマンスだと思っていたら全然そんなことはなかった。ドラクエライクな無口系主人公なので、どういう性格なのかはプレイヤーの想像次第となりますが、私の中ではなんかやんちゃな子っぽい印象があります。
 ルドルフ。無口系ナイーブ青年。竜を倒す宿命を持っている、といえば非常にかっこいい。今作のキャラは自分のエピソードを攻略するとパーティーから抜けてしまうんですが、彼は唯一エピソードが終わった後も主人公についてきてくれます。はっきりいって彼の設定はあまり頭に入ってこなかったのですが、考察や設定を読んでいろいろと腑に落ちました。ラットスレイヤーの演出はまったく気づきませんでした……。
 ナナ。祈ったり願ったりするかよわい可愛い女の子……かと思ったら、まさかの武闘派です。登場時は魔法使いキャラだと信じて疑わなかったのに、ボス戦では攻撃役の要として大活躍。初期装備の心の枷が彼女の二面性を象徴してします。能力アップスキルのハッピーエンド至上主義はHP60%であることが発動条件となっており、なかなか厳しい縛りがありますが、その分効果は絶大。ステータスアップ系はそこまですごい効果を挙げることがなく、普段ステータスを上げるスキルなんてあまり使いませんが、今作の能力大幅アップの謳い文句は嘘ではない。ダメージが約2倍ほど跳ね上がります。覚えるスキルといい、内面に抱えている葛藤といい、かなりお気に入りのキャラ。それだけに、途中でメンバーから抜けてしまったのは非常に残念でした。
 クモ。見た目からしていろいろ怪しいキャラでした。ときに敬語だったりため口だったり、見ていて不安定な印象を受けます。サブキャラの中ではいちばん印象が薄い。
 3人目。人々の偶像であり、いわゆる空想の産物です。魔王物語物語という作品に登場するキャラとしてもっともふさわしい人物かと思われます。結局彼は誰なのか/いったいどういう意味なのか、最後まで断言されないのですが、プレイヤー・あるいは製作者(まももか魔王物語の)が想像した勇者的存在、という考えが一番しっくりきてます。

 BGMについては全部フリーのものを使用しているはずですが、気に入ったものが多かったですね。特にボス戦の局はカットインをはじめとした演出の効果もあり、すばらしく盛り上がりました。フィールド曲では原住民の廃都で流れるBGMが文句なしでお気に入り。あの曲だけ流したりしてました。

 最後にストーリー・シナリオについても少しだけ触れます。

 とても味があるシナリオです。人によって好き嫌いが別れるのは間違いなさそうです。作品紹介のとおり、結末を見つけるための物語。結構な裏設定がありますが、そのほとんどが語られていないので、考察や推測が必要になります。おおむねの展開は読めるというか、なんとかなく把握できるとは思いますが、今作のバックグラウンドストーリー、ひいては魔王物語という作品については一周するだけではなかなか理解が難しいと思われます。疑問に思う点があった人にはWikiなどを眺めることをお勧めしたいところ。魔王関連のところや、英雄関連のところは結構わかりにくかった(まじめに考察すればすぐわかるのかもしれませんが)ので、その辺の補足を求める人はWikiへGO。私は雰囲気だけでよく話をつかまないままゲームを進めていたため、流行病というダンジョン名の唐突さには結構驚かされました。

 作中で語られる魔王物語がゲーム内世界の現実世界(かなり矛盾した表現ですが)を舞台にした物語なら、魔王物語物語はその物語をモチーフにした物語です。きちんとその世界観を把握していないと、ダンジョンを攻略する意味やこの物語の意味がいまいちわかってきません。しかし、バックグラウンドストーリーがきちんと頭に入っていれば、それぞれのエピソードにこめられた意味がわかってくると思います。もちろん演出や勢いだけでも十分楽しめる作品だとは思いますし、RGP好きならラスボス戦は演出だけで大いに盛り上がると思いますが、この作品を好きになったなら背景も把握しておくとよりいっそう楽しめるのではないでしょうか。

 以上。ゲームシステム・世界観・キャラクター・BGMの水準が極めて高い作品です。プレイ時間は約14時間程度。フリーゲームは完成度が高くて面白いものが数多く存在するということを改めて再認識しました。
スポンサーサイト

猫物語 白

 猫物語 白は、元ミステリー作家・現漫画原作者兼ラノベ作家?である西尾維新の<物語シリーズ>最新作です(最初からラノベ作家だという意見も多分にあると思います)。代表作には戯言シリーズ、世界シリーズ、刀語シリーズなど多数存在しており、物語シリーズはそのうちのひとつ。刊行冊数は今日現在で50冊に至り、漫画・未収録作品を含めると約60冊にもなります。実のところ、まだデビューから10年経っていないので、かなり異常な速度といえる。というか、一年間に15冊もの作品を執筆≒刊行した作者は滅多にいないのではないかと。
 物語シリーズは現在、化物語(上下)→傷物語→偽物語(上下)→猫物語(黒)→猫物語(白)の順に5作品が刊行されています。時間軸で言うと、傷物語→猫物語(黒)→化物語(上下)→偽物語(上下)→猫物語(白)の順になりますが、基本的には刊行順に読んでしまって問題ない。今後は傾物語→花物語→囮物語→鬼物語→恋物語と、3ヶ月ごとに刊行していく予定、らしい。次回は12月。猫物語(白)はスケジュール的にもおそらく延期だろうと噂されていましたが、案外普通に発売されてしまったので、もしかしたら予定通りにいくのかも……?と淡い期待を抱いてしまいますが、さすがに数回の遅延は覚悟しておいてほうがよさそう。執筆を物語シリーズと漫画原作だけに絞ればいけそうですが、他にも執筆する作品があるでしょうし、無理に発売してクオリティが下がっても嫌ですし。緋色の英雄やらぼくの世界やらはどうなったんだとかそういう声も一部ありますので。
 
 前置きはさておいて、本編とシリーズを通した感想。西尾維新には魅力のひとつとして、軽快なキャラ同士の掛け合いがあり、西尾維新の趣味で書かれたとされる物語シリーズは、特にその傾向が強まっています。西尾維新節が全開となっており、その魅力が最大限に発揮されている。小説ならではのやり方を踏まえ、さまざまなボケとツッコミで魅せてくれる(と思ってたらアニメ化しちゃいましたが)。中でも主人公の阿良々木君と幼女ヒロインの八九寺真宵との掛け合いは必見。無駄に気合の入った、くだらなくて意味のないやり取りで何ページも使っているところを読んでしまうと、本編が書きたいのか掛け合いが書きたいのかわからなくなってきてしまいます。そこが読んでて最高に面白いところなのでなおさら。最近はメタ発言が増えてきて少し食傷気味でしたが、化物語の掛け合いはやはりとてもいい。

 そんな物語シリーズですが、じゃあどんな話なのか、と聞かれると少し説明に困ります。今作の魅力や面白いところはいくらでもアピールできますが、ストーリーに関しては、そこまで特異なところが見当たらない。
 一応説明すると、このシリーズは基本的に1話完結の話で構成されています。化物語は全5話ありますが、それぞれ一人のヒロインにポイントを絞って話が練られている。当然全体の話は連続しているし、登場キャラも続投していますが、それぞれの話は1話ごとにきちんと完結しています。長編連作ならぬ中篇連作といった形式を取っている。おかげで読み直すのが非常に楽です。前後のつながりが薄いため、読みたい話だけを抽出して読み直すことが可能。その代わり、それ故の欠点とでもいいますか。全体を貫くシナリオの骨格が弱い。軽妙な掛け合いは本当に好きですが、少し深みに欠けるところがありました。
 しかし、今回の猫物語(白)は、見事にその不満を払拭し、読み応えのあるシナリオを作り上げてきました。わかりやすい変更点は語り部の交代。今作は、化物語の最終話・傷物語・猫物語(黒)と合計三話でメイン(かサブ)ヒロインを飾ってきた羽川翼の一人称視点で描かれます。阿良々木君の視点が存在しない世界にはまた違う味わいがありました。主人公が交代したことで、軽妙な掛け合いはかなり薄れ、はっちゃけたやり取りは抑えられがちになっています。物語シリーズにはそれだけを求めていた人からすれば物足りないかもしれないので、一長一短かもしれませんが、私はとても気に入った。
 内容について少しだけ踏み込みますと、きちんと羽川の想いに結論を出したのは非常に好印象でした。この作品は、複数ヒロインとの結びつきを肯定的に捉えているような話でしたので、ここまで想像の余地がないくらいに白黒はっきりつけるとは思っていなかった。
 今回さらによかったのは、物語の裏で違う物語が平行して動いている、ということを(というか露骨に)意識させてきたところでしょうか。おかげで他のキャラが、作品世界のどこかで生きていることを強く意識させられ、その行動に想像力を刺激させられる。ちらほらとわかりやすい伏線を張っていて、次回作への期待を高めてきました。

 以上。考えていた方向とは若干異なっていましたが、面白かったので大満足。次回作がどうなるのかわかりませんが、せっかくの新シリーズ(作者いわくセカンドシーズン)、できれば今まで見たことがない物語シリーズを見せてほしいところ。阿良々木君が登場しなくなると、冴え渡るボケとツッコミのやりとりが弱まってしまい、一番の魅力であった部分が弱くなるというネックを抱えてしまいますが、その代わり物語に没頭できるという利点もありますので、こういった少し落ち着いた雰囲気で進めてくのもありではないかと。今から次回作が楽しみです。
プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455
漫画、ラノベ、ゲームなどのネタバレ感想記事を書いています。ネタがあるときはコラムみたいなものも書きます。あとアマゾンアソシエイトに参加してます。以下定型文。「このブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。