スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人狼 JIN-ROH

 人狼 JIN-ROHとは、2000年に発表された作品で、戦後(より詳しくいうと、高度経済成長時~後あたり)現在とは違う未来を迎えた架空の日本を舞台に描かれるアニメーション作品です。公開から既に10年を経過していますので、それなりに古さを感じるところもありますが、しかし今見ても十分楽しめる内容でした。

 今作の中心となるのは首都警という架空の組織です。首都警とは、戦後日本の治安維持を目的に結成された組織で、主人公はその中でも戦闘を目的とする特機隊という部署に配属されています。この作品は、その主人公がセクトと呼ばれる集団が起こしたある事件に巻き込まれることで話が進んでいきます。

 この設定からも想像できるかもしれませんが、今作はかなり世界観が練り込まれています(同一世界観の話もいくつかあるようです)。内密に作りこまれた設定が好きな人はそれだけで充実感を得られそうです。しかし、その世界観設定に反して、視聴者に提供される情報量がそこまで多くなかった(冒頭に約3分もの間世界観設定がありますが、この後に具体的な設定説明はさほどされません。世界観設定がかなり練り込まれているだろうことは予想できますが、どちらかといえばそれは想像力を書き立てるための余地に過ぎません)ので、ここはかなりよかった点ではないかと思っています。おかげですんなりと作中のドラマに熱中できましたし、しかもその世界観は邪魔にならない程度に作品を彩り、より奥深いものに仕上げていました。

 そんな今作品ですが、第一印象から一言で表現するなら、ハードボイルドという言葉がもっとも相応しいのではないかと。渋いといってもよいでしょう。舞台が舞台なので、たくさん人が殺され死んでいくお話ではありますが、そこにはよくみかける派手な演出はありません。登場人物人は銃に撃たれれば容赦なく死ぬし、死に方も到底綺麗なものではない。正直に言えばその姿は見ていてあまり心地よいものではありません。超能力などの現実離れした設定もないし、登場する人物はみな人間です。また、諜報戦やゲリラ活動といった生々しく戦争をイメージされる要素が扱われているため、作品全体に陰鬱な印象が強いです。

 話の展開ですが、主人公が警察機構に組み込まれているという設定から、てっきり事件を解決していく話かドンパチやる話を想像していましたが、いざ話が始まってみるとそういう方向には進みません。主人公は最初の事件がきっかけで早々に前線を離脱してしまうので、どちらかといえば戦士の休日みたいな印象の方が強かった。当然、それが悪いという話ではなく、現場から離れても主人公はきちんと話の中心にいるし、きっちり伏線を張りながら話を進めているため、シナリオに不満はありません。あまり多くはありませんでしたが、銃撃戦の時に見られるプロテクトギア(特機隊に支給されているパワードスーツのようなもの)のデザインはカッコいいの一言に尽きますし、アクションシーンにも不満なし。もっと見せ場が多くてもよかった気がしますが、少ないからこそ映えるということもあります。

 それでは今作はどのような話なのかというと、恋愛物です。大人の男と女の話です。作中で赤ずきんがモチーフに使われていますので、なんとなく結末は予想できるかもしれませんが、悲恋物です。色っぽいシーンやらぶらぶいちゃいちゃするシーンはありません。もちろん、そのストイックさは私も気に入っているところですが、ここは冷たくいってしまうと地味だともいえるので、合わない人もいるでしょう。萌えが主流の時代とは合ってません。このあたりがもっとも『古い』と感じるところです。

 そもそも、今作の登場人物の3分の2以上は厳つい男たちです。可愛らしい女の子は出てきません。しかも登場する女性キャラの一人は最初に爆死しますし、もう一人は主人公に銃で撃たれて死にます(最後の場面で人狼の仲間が雨宮を狙っているシーンが映され、もしかしたら彼らが撃ったのかも?とも想像できますが、雨宮が撃たれている箇所と伏の銃から煙が出ているような描写があることからして、伏が撃ったということで間違いないかと思います。あのシーンは半田が保険をかけていた、という意味だと思われます)。昔の仲間にも裏切られます。ほとんど救いはありません。やっぱり暗いです。

 少しストーリーを説明しておきます。まず、主人公の伏は同期である辺見から罠にかけられます。目的は伏が所属している特機隊の機構に揺さぶりをかけるためです。そのために、辺見は雨宮という活動家の女性を伏に近づける。不祥事の発覚を狙ってのことですね。彼女は、最初のシーンで爆死した阿川という女性の姉を偽り伏に接近する。伏は阿川が自爆する前に排除することができず、隊を危険にさらした責任を求められるのですが、阿川をなぜ殺せなかったのかは答えが出ず、自問します。そんなときにこの2人が出会うわけです。裏設定がなければ、2人は恋に落ちて幸せになっていきそうなもんですが、やはりそう上手くはいきません。

 2人の関係に甘酸っぱいロマンス、みたいなものはなく、終始その描写は淡々としていました。もっと時間があれば何かが違ったかもしれませんが、辺見たちが牙をむいたことで、その未来も潰えてしまう。伏は狼として敵を排除しましたが、結果伏は雨宮を殺さなければならない状況に追い込まれ、最終的に自らの手で弓を引き、このお話の幕を下ろします。救いがないのは、伏が何をしなくても強制的に誰かが終わらせている、というところです。伏が辺見たちを排除しなかったら、別の手段で特機隊を狙ってきたでしょうし、最後のシーンでは伏が撃たなくても仲間が撃っています。伏の行動がなかったとしたら、結局何らかの不幸な結末があったということです。

 最後の場面で伏は何を想って雨宮を撃ったのか。伏は仲間が雨宮を狙っていることに気づいていたのか、知らなかったのか。また、雨宮はどうだったのか?その内面は、視聴者が想像するしかありません。言葉数が少ないこの作品には、そういった奥ゆかしさが少なからず存在します。全てを語ってしまう作品も、それはそれで悪くありませんが、私はそういった奥ゆかしさを好ましいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。