スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女病 覚書

 今年の夏コミで発売された少女病の新譜・創傷クロスラインが過去作品との繋がりを示唆させるストーリーで、ファンサービス含めて素晴らしい内容だったのですが、第1作が出てから既に5年近くが経っていることもあり、そろそろ過去の世界観やストーリーを忘れてきていたので、これもいい機会だと思い所持しているCDをひっくり返して作品ごとの登場人物と時系列を整理してみました。Wikiか考察サイトがあればそれで用を足せたんですが、意外にもまとまった情報が搭載されているサイトは少なかったので、それだったら自分で書いてみようと思い立ち作成した次第です。大半が私の願望と妄想で構成された覚書程度の内容であり、考察と呼べるレベルの内容とは言えない代物ですが、それでもよろしければ参考程度にお読みください。今年の冬には設定資料が出るらしいので、発売されたらまたそれと照らし合わせて整理してみたいと思います(これが委託しなかったら泣きます)。

続きを読む

スポンサーサイト

『東京タワー水没地↓30m』『旧約;眠れぬ夜に口付けを』

 今回のコミケで入手したサークル「世の漆黒」の作品。サークル名は「ときのしっこく」。エモーショナルでグッとくるギター、力強いドラム、高音に伸びるタイプの女性Voと私が好む要素満載で、一回視聴をしてすぐ虜になりました。サークルHPから数えたところ、おそらく『東京タワー水没地↓30m』が6枚目で、新譜の『旧約;眠れぬ夜に口付けを』は7枚目となります。どちらもキラーチューンが1曲以上あってとても満足。なお、『旧約~』には元ネタがあるようで、『空ろの箱と零のマリア』という電撃文庫発刊の作品がモチーフらしいですが、あいにくと未読です。

 以下『東京タワー水没地↓30m』感想。

 『三時間の永遠』は重くヘヴィなギターから始まるメタル寄りの曲。独特な倦怠感がありながら、1曲目にふさわしいテンション。ソロがいい。個人的には、この曲の女性Voはもうちょっと力強くてもよかったかなと思います。

 『眩暈』はあんまり疾走してない、どちらかといえば叙情的な曲、だと思うんですが、その割にドラム・ギターがかなり自己主張していて、メランコリックというよりもダウナーという言葉が似合います。歌詞も気だるい感じ。あと、このサークルの曲は概ねそうだと感じますが、リフがいいです。

 『A.D.2010・東京』はインストです。調子の外れたリズムが不安定にさせます。

 『奏鳴曲;雛無-hiina-』はメタル色が強い曲なのに、ところどころで弾かれるピアノとバイオリンが素敵です。サビがなかなかにキャッチーで、ソロがエモい。

 『理想は。共鳴へ、蒼く』は待ってましたのメロスピチューン。最初はかなりゆっくりで叙情的ですが、サビの後ピアノに続いて転調し、急に飛翔します。ピロピロいったりドコドコいったりで大忙し。ソロは相変わらずエモい。少し物足りないなと感じるのがVoで、ここはもうちょっと張りと力強さがほしかったです。

 『A.D.2109・東京』は二度目のインスト。もの悲しいバイオリンの音が終末感を出しています。

 『やさしい雨』はポップロックな曲。ここまで突っ込んできた勢いを落ち着かせてくれる優しげな曲。歌詞が少し気になります。

 『直訳で「少年は少女に出会う」』。『東京タワー水没地↓30m』の中でもかなり好きな1曲。最初のギターリフ最高。サビのシンセ音もかなり好きです。

 以下『旧約;眠れぬ夜に口付けを』は1曲だけ感想を。

 表題曲の『眠れぬ夜に口付けを』。気合の入ったHR/HM色の強い曲です。好き好みが大きく分かれそうそうなタイプのVoが少し気になるところですが、高音女性Voと力強い音作りが好きな人なら気に入ること間違いなしの一曲。『東京タワー水没地↓30m』と『旧約;眠れぬ夜に口付けを』なら前者のほうが全体的に出来がいいんですが、この一曲がかなりお気に入りのおかげで、私の中では僅差です。

 以上です。基本的にどちらもオススメの1枚です。

独裁者ノススメ

 六弦アリスとは、コミケやM3といったインディーズのイベントを中心に活動しているサークルです。2006年12月から活動を始めているのですが、アルバムリリースのサイクルが異様にハイペースなため、結成4年目にも関わらず既に通算12枚目のアルバムとなります(公式では11枚目扱いですが、緋のローレライを1枚ずつと数えれば12枚目めとなります)。

 私の中での六弦アリスというと、シンフォニックだったりメロスピだったりゴシックだったり、とにかくクサい曲を作るサークルだったんですが、最近の傾向としては特にプログレッシブな曲が多く、凝ってたりごちゃごちゃしてたり実験的だったり、わかりやすくキャッチーな曲が少なかったので、1回聴いただけでハマってしまうような曲があまりありませんでした。しかし、今回は原点回帰ということで、かなりの割合で疾走している曲があり、ここ最近の物足りなさを見事に取り戻してくれました。

 曲順に一言二言感想を書きたいと思います。

 『異端派人生哲学主義』は恒例のインスト。少しブラックメタルな曲調で、右寄りの軍歌みたいな威圧感を出しています。

 『誇リ高キ者』はイントロのシンセとドラムがかなりよい。サビでは明るくキャッチーに。そんなに速くない曲ですが、しっかりとリスナーのツボを抑えています。ソロのクサさは『Code;D』や『紅蓮の少女』あたりを思い出させてくれます。

 『小悪魔ディスタンス』は六弦アリス得意の疾走チューンです。イントロ・リフ・ソロ、全てが六弦アリスそのもの。今回のなかでも1・2を争うクサさです。少し細めの音で奏でられるバイオリンソロと力強いギターソロが最高です。六弦アリスの特徴として、音が全て打ち込みという点がありますが、まったく気になりません。

 『独裁的な舌』はゴシック色溢れる耽美形な曲。嫌らしい音を鳴らすギターが大変よい。

 『筺ノ中ノ本質』はイントロからそこはかとなく怪しい雰囲気を醸し出していて、ここまでの曲に比較すると少しキャッチーさは薄れています。最近六弦アリスがやってきていた曲と似てる印象。

 『キミノタメ』はこれまでとは少し曲調が変わってややゆっくりめな曲です。『純潔パレード』的なキラキラロックで、わかりやすいメロディーがとてもキャッチー。私は『純潔パレード』がかなり好きでして、六弦アリスのこういう路線も大好きです。歌詞は相変わらずメランコリー。

 『雨音』は六弦アリス得意の泣かせるバラード。ここまで盛り上げてきたテンションを落ち着かせるのにふさわしい曲かと。こういう叙情的な曲もお手の物で、静かに静かに盛り上がっていってソロで唸らせてくれます。

 『痛ロリヰタ哲学』は最後に持ってこられた疾走チューン。最後の最後で吹っ切れたようにクワイヤを入れて疾走してます。意図的なのかもしれませんが、ところどころで『独裁者ノススメ』をイメージさせられる曲調。サビ・ソロ・ラストのツーバス、その悉くがツボでした。ところどころで弾かれてるピアノがまたいい!六弦アリス的にはこういうのはもう飽きてるのかもしれませんが、これからもこういう方向性でやってほしいところです。


 以上です。今回の新譜は全肯定できる出来でした。私はこういった路線が好きなのだなと再認識。


 また、今回が初の音楽感想の投稿となりましたが、音楽を聞いて感じたことを他の人にも伝わるようにしながら、言葉にまとめていくのは思ったよりもずっと難しい行為と感じました。特に、私は実際に音楽を演奏した経験がなく、音楽の知識にはかなり疎いので、たまに専門用語の使い方があっているのかどうかがわからない。今イメージしていて説明しようとしていることが、この表現であっているのか、確認しようがないときがあります。全て見当違いなことを書いていそうで、かなり不安です。

 そのような理由もあってか、今後もあまりうまく表現できる自信がないですが、チャレンジ精神を大切にする意味も込めて、細々と書いていきたいと思います。表現が間違っていたら訂正しますので、指摘してください。
プロフィール

SAIN455

Author:SAIN455

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。